斜線制限は建築基準法において定められる形態規制の一つであり、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限と分けることができる。

それぞれの斜線制限においては周囲に対して空地を有することで、通風や採光などに対するゆとりを産むものとして規制を施している。

都市部などにおいては斜線制限ギリギリに建物を建てるなどが当たり前の状況であり、斜線制限の規制内容を把握していなければ、法的な基準はクリアしていても、事業者にとっての不利益をもたらすことになるかもしれない。

続きを読む

【記事監修】 山田 博保

株式会社アーキバンク代表取締役 建築マーケター/一級建築士     建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。